レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/06/23 保育原理

「遊び」の発達を保障する保育所(教諭、保育士)の基本的役割について
「遊び」の発達を保障する保育所(教諭、保育士)の基本的役割について、幼児を取り巻く環境は自宅で両親、特に母親を中心とした3歳以前と、入園を通して、集団での組織的な教育を受ける3歳以後では大きく変化することが前提である。
また、この時期は遊びの種目や内容の決定が他者から、自らの判断で決定されるようになる時期でもあり、遊び経験の変化を検討する意義は大きいといえる。先行研究では遊び種目や遊びを取り巻く生活状況について、3歳前後での変化を調査し、発達に伴う人間関係や行動範囲の拡大を確認している。
知識の再構造化をうながす特徴づけは、子どもは初めから完成した知識を学ぶわけではなく、おとなが持つのと同様な知識体系を構成するには、個々の知識要素の洗練や関連づけに基づき知識体系を再構造化していく長い道程を要する。
保育所(教諭、保育士)がこの点をよく理解していれば、幼児におとなと同様な概念を求めたり直線的な進歩を期待したりすることなく、子どもの内的吟味の過程に十分な時間を割り当てることが抵抗なくできるはずである。
子どもの既有知識の利用での制約という概念は、効果的な保育実践を組織化する方略を考えるうえで示唆に富む。幼児は、体系的に教えられる以前から、日常生活での経験を通じてそのトピックに関する豊富な既有知識を持っていることが少なくない。
これを適切な場面でひきだすことは、保育者の力量の重要な側面である。既有知識と関連づけて新しい知識を学ぶことで、学習の効率が促進されるばかりでなく、子どもの知的興味や能動性を高めることができよう。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る