レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/09/15 障害者の権利宣言

障害者の権利宣言
国連として障害者問題に正面から取り組むようになったのは、1971年の「知的障害者の権利宣言」およびそれに続く、1975年の「障害者の権利宣言」の国連総会での採択以降といえる。
「障害者の権利宣言」では、「障害者は、その障害の原因、特質及び程度にかかわらず、同年齢の市民と同等の基本的権利を有する」(第3条)、「障害者は、… すべての社会的活動、創造的活動又はレクリエーション活動に参加する権利を有する」(第9条)、「障害者は、差別的、侮辱的又は下劣な性質をもつ、あらゆる搾取、あらゆる規則そしてあらゆる取り扱いから保護されるものとする」(第10条)などの条文からも明らかなように、障害は医療や福祉の問題というよりも、むしろ権利の問題と規定されている。
国連は、「障害者の権利宣言」の各国での取り組みを推進すべく、障害者の「完全参加と平等」をメインテーマとする1981年の国際障害者年およびそれに続く「国連・障害者の十年」(1983年~1992年)を設定するとともに、同十年で取り組むべく「障害者に関する世界行動計画」(以下、世界行動計画という)を1982年の総会で採択した。
そして、世界行動計画が目標とする障害者の「完全参加と平等」実現に、同十年以降も引き続いて取り組むべく、1993年の総会で「障害者に関する機会均等化に関する標準規則」(以下、標準規則という)を採択している。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る