レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/12/31 横浜中華街の歴史と変容

横浜中華街の歴史と変容
 歴史的には、1859年(安政6年)、横浜が開港すると外国人居留地(一種の租界)が造成され、欧米人とともに多数の中国人買弁(中国人商人や取引仲介者)や外国人外交官の雇い人が来住した.当初、彼らは香港や広東から来ていたため、広東省出身者が多かった.その後、横浜と上海、香港間に定期船航路が開設されると、中国人貿易商も来住し、居留地の一角(現在の山下町)に関帝廟、中華会館、中華学校などを建てていった.これが横浜中華街の原型である.初期の埋め立て地「横浜新田」の海岸線沿いに建てられたため、この地域のみ区画が約45°ずれている.この頃の商店は日用雑貨店、衣料品店、食料品店などの店が大半で、中華料理店は多くなかった.1872年(明治5年)には、柳麺(ラウミン)の屋台が出始めていた .その後は周知の通り日清戦争がはじまる.さらには、1923年には関東大震災が起こり、日本から多くの外国人が帰国を余儀なくされている.
一方では横浜中華街の地理的な事と言えば、横浜地区の江戸時代における耕地開発は停滞気味であった.しかし開港後の発展を支えてきた地域は江戸時代以降に開発された新田である. 徳川時代の領主の経済基盤が貢租(米)にあったので幕府や各藩主は新田の開発を奨励した、当初は(切添)といって所有の田、畑に添った地域を開発したり、村民が協力して開発した(村請 新田)や、代官が見立て開発する(代官見立新田)等がおこなわれた、その効果は治水関係など で大きく、この新田開発は肥沃な大河川や下流平野で行われていた. 
   江戸時代も後半に入ると幕府や各藩は財政危機に見舞われ、その対策として一層の新田開発 が進められた、然し年と共に新田の開発の荒地が次第に少なくなり、開発に要する労力や資金 面を農民に求める事は困難になり、もっぱら町人の力で埋め立て開墾を行う様になった、いわ ゆる、(町人請負新田)であった.横浜の場合も10に余る新田開発が進められ一番古く、大きく広いのが吉田新田で、当時の横 浜は山手から延びた砂浜の海岸線が続きその先端は釣鐘型をした入り江になっており、その 入海は今の関内、伊勢崎町、野毛を含み横浜の諸村はこの入海を囲む型での生活であった. 吉田新田は一番古く失敗と挫折の連続であった、大雨の為埋立地は流失し失敗して終了するも、後に開発を再開する


「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る