レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2019/1/3 諸国百物語について

諸国百物語について
『諸国百物語』の序文にある「百物語と云双紙」とは万治二年(一六五九)に刊行の『百物語』のことで、作者はこの『百物語』にある説話を「出所正しからず」と事実性の乏しいことを指摘し、これに対してこの『諸国百物語』の説話を「証拠正しき」ものであると主張している。
『諸国百物語』の三年後に刊行される『咄物語』で、具体的な時や場所を明らかにしていないために、物語ではなく咄だ、と笑い者になる話がある。
嫉妬や復讐から女性が幽霊になる話は当時の人々にとっては容易に想像のつく話になっている。さらに実存する役職や場所などを登場させ、物語の形式を踏襲している。
それにより、物語は人々にとってより身近なものになる。


「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る