レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/05/24 レポートの書き方①

本日より大学のレポートの書き方についてご紹介していきたいと思います。これだけまずは頭に入れておいてください!
はじめにレポートの全体像について述べます。

①序論(はじめに)
②本論(事実、調査、考察)
③結論(何が言いたいのか)

の3構成が基本形となります。
次により詳細に説明いたします!

①序論
この部分では原則的にテーマに関する背景目的を述べます。分量としては全体の1割から2割程度です。

②本論(事実、調査、考察)
この部分ではまずはテーマについてわかっていること(事実)を述べます。無ければそのテーマについて調べたことを述べます。続いて、その事実に対して、考えたこと(考察)を論理的に述べます。

③結論(何が言いたいのか)
この部分ではレポートの目的に対して何が言えるのかを述べます。目的⇒事実、調査、考察⇒結果という流れを頭に入れながら結論を書きます。

以上がレポートの基本的な流れになります!この順序が前後すると、何を言いたいのかがわからない文章になってしまいますので、気を付けましょう!

「レポートの書き方」のサンプルはこちら⇒https://www.knowhere.jp/items/11221045




お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る