レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/05/25 レポートの書き方②

昨日から大学のレポートの書き方についての第二弾です。本日はより具体的にレポートの書き方について書いていきます!
レポートは分野により、大きくスタイルが異なります。

1) 文献考察レポート:文献を検索し、それがデータとなるようなもの
2) 実験レポート:実際に実験を行い、データを収集し、分析してまとめたもの
3) 観察レポート:現象を観察し、いくつかの観点から記述してまとめたもの
4) 面接レポート:人に面接をし、その発話をデータとし、分析、解釈しまとめたもの
5) 質問紙調査レポート:ある課題について、関連する質問群を作成し、一定の 被調査者に回答してもらい、それのデータを分析し、まとめたもの

これらの他にも、目的、分野により、記載方法は異なります。この授業では、上記の1)、2)あたりを想定してお話しします。以下の文章は、大学に入学し、レポ ートの書き方に慣れていない受講生向きのものですので、既に卒業研究に取りかかっているような人には、不向きかもしれません。
一般的な構成では、以下のようなものがあります。
1) はじめに
2) 研究の背景 (先行研究を効果的に入れて、参考、引用しつつ、本研究の位置
づけ、意義を明確に述べる。この章の最後部分に、簡潔に「研究の目的」を書く)
3) 方法 (被調査者、時期、データ収集の方法、分析方法などを書く)
4) 結果と考察(結果と考察を分ける場合には、結果は、方法の最後部分に
来ます。 参考文献一覧(これは、5)とせずに一覧として記載します。

①最初に取りかかる事
まず、トピックを決める研究の目的、と言われる部分です。何をどこまで、どのように明らかにしたいのかということをよく考えましょう。言い換えれば、そのよ うな疑問を持ったのか、ということです。例えば、ある小学校の教室で、先生の声の聞こえ方、大きさがどのように場所によって異なるのだろうか。先生から離 れて声の聞こえ方と挙手行動と何か因果関係があるのだろうか。という疑問を持ったとします。そうしたら、席の場所により、挙手の回数を記録し、分布図を作 成する必要があります。
その分布図と、各席の生徒の成績との分布図を重ね合わせてみる必要があります。因果関係、相関のようなものが見つかるかもしれません。そして、席替えをした後に同じ計測を重ねます。それを繰り返すと、ひょっとして何か相関、因果関係が見つかるかもしれません。もし、多少なりとも因果関係が見られたら、その結果から教室の座る位置と挙手行動には、どれだけかの確立で相応の因果関係がある、(統計的な計算は必要になります)と言う風に結論づけることが可能かもしれません。

②位置づけ
研究の背景そのトピックが、関連する分野でどのような位置づけになるのか、という事を調べる必要があります。追究するに値するものなのか、あるいはあま り貢献できないようなものなのか、という判断をするために、先行研究を調べます。
書籍、論文、新聞記事、報告書、テレビ番組、講演などが先行研究に該当します 。書かれたものをそのまま、「引用」したり、自分なりに書き換えて「参考」にしたら、必ず出典情報を記載する義務があります。 XXXXである(鈴木、 1989)。 とか、鈴木(1989)は、XXXXのように述べる。というような、文頭、文末に参考にした文献を入れるという書き方が一般的です。
この出典情報を書かずに、コピペ をすると、剽窃、知的財産権の侵害、著作権の侵害、となり、訴えられますし、違法となります。要注意です。早稲田でも数年前から、提出された文章、レポート 、卒業研究、修士論文、博士論文等すべて、「一致度判定テスト」で自動的に判別されるシステムが導入されています。
世界中のすでに提出された文章と一致するか どうかということを詳細に、あぶり出すシステムです。元になるデータベースは毎日加算されていて、精度が日々上がっているので、それがすぐ明確に色付けされ 判明します。参考、引用の印、(鈴木、2006)がないものは剽窃とされ、アメリカのように即退学となるケースもあり得ます。その科目がFになる程度で済めば幸 運だったと思って下さい。

③方法
① 被調査者(人数、年齢、バックグラウンド、性別などの情報)
② 調査時期(いつからいつまで)と調査場所
③ 使用機材、施設
④ 使用した材料
⑤ データ収集の段取り
⑥ 分析の方法
⑦ 結果 などの情報が入ります。
分野、アプローチによっても記載方法は異なります。

以上がレポートの詳細になります!この順序が前後すると、何を言いたいのかがわからない文章になってしまいますので、気を付けましょう!

「レポートの書き方」のサンプルはこちら⇒https://www.knowhere.jp/items/11221045




お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る