レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/07/04 生産管理に関する用語

次の言葉を簡単に説明せよ。
①生産性:これは単位時間当り生産量を意味する。したがって少ない投入で多い産出が得られると,生産性は高く,それをめざす活動が生産性向上である。
 生産性は,分子(アウトプット)・分母(インプット)にとる単位により種々規定される。
 ① 物的生産性(physical productivity)…アウトプットを数量単位で測る。
 ② 価値生産性(value productivity)…アウトプットを金銭尺度でとらえる。
 ③ 要素(または部分)生産性(factor productivity)…生産性を投入生産要素別にとらえる:労働生産性,資本生産性,資源/原料生産性など。
 ④ 総生産性(total〔-factor〕productivity : TFP)・・・すべてのインプット要素の総計に対するアウトプットの比。

② 部品中心生産:顧客の多様化製品へのニーズと納期の短縮(クイック・レスポンス)に対処するためには,本来は多種類の製品を見込生産しておいて在庫としてもっておればよいが,それでは在庫費用が嵩み,また注文がなければ売れ残る危険性(リスク)がある。そこで,多様化製品でも部品には共通吐のあるものが多いから,部品/複合(集成)部品(モジュール)は需要予測の結果に基づいて先行的に見込生産をしておいて部品在庫を積極的にもち,受注に応じて部品を適切に組み合わせて多様化製品を作る生産方式。

③ サプライ・チェーン・マネジメント:活動を職能(購買一製造一流通一在庫一販売の連鎖とみた)の生産システム構成において、価値連鎖を次の職能への供給(サプライ)が価値を高めるようすること。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る