レポートの書き方 ブログ |大学レポート 書き方

代表ブログblog

2018/05/30 子どもの愛着形成について

今回からはレポート課題として多く取り上げられる内容を独自に論じていきたいと思います。

子どもの愛着形成について説明しなさい。
そもそもボウルビーのアタッチメント理論は,もともと,ホスピタリズムの研究に始まっているといってよい。ホスピタリズムの問題はやがて施設の問題から養育者との関係の問題と捉えられるようになり新たにマターナル・デイプリベーションの研究へと移行した。ボウルビーはこの視点から「乳幼児の母親との人間関係が親密かつ継続的で,しかも両者が満足と幸福感に満たされるような状態が乳幼児の性格発達や精神衛生の基礎である」と述べたのである。そして,発達初期に特定の他者との聞に情愛的な紳を形成することが,後に健全に人格を発達させるために重要であると考えた。そしてその心の結びつきのことを,アタッチメント(愛着)と呼んだ。
家庭環境はさまざまに存在する。社会的な最小単位である家庭において、子供といじめをめぐっての研究は近年になり増加している。その背景にはどの時代においてもどの社会においても、また大人の世界においてもいじめは発生しているということが情報化社会となっている現代では浮き彫りになりつつあるからであろう。児童相談所に寄せられる虐待の通告は、もちろんボーダーライン上のものばかりではない。一歩誤れば死に至るような深刻なもの、命に別状はなくともすでに子どもの成長・発達にとって重大な影響を及ぼしているもの、一刻を争う緊急性の高いものなど、さまざまである。児童虐待防止法が、その第1条で述べているように、児童虐待は、まさに「児童の心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与える」のである。では、年々急増する児童虐待の背景には何があるのか。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る