接続詞の役割

代表ブログblog

2018/10/01 接続詞の役割

接続詞の役割
接続詞の一般的な定義は、接続詞とは、文頭にあって、直前の文と、接続詞を含む文を論理的につなぐ表現である。しかしながら、一般的に接続詞の定義は後続文脈の展開の方向性を示す表現というように解釈されている。このことは、各副詞、指示詞、接続助詞と接続詞との違いをはっきりさせる効果がある。
 接続詞の役割としては、第一に「書き手」とって文章を論理的に確認するものである。また、一方で「読み手」の文脈を理解するための役割としても存在する。全体的には、接続詞によって文章全体を単調化してしまう可能性があるが、「書き手」「読み手」にとっても重要な情報への方向性や分かりやすい文章にする役割を担っているといってよい。また、文章の理解も深まりやすくする働きもある。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

これまで日本全国・海外を含め100,000件以上のご依頼(卒論代行・レポート代行を含めた、あらゆる学術依頼)をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な作成を行い、成果を確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します!
※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!
卒論代行(論文代行)・レポート代行ならアイブックス学術代行!

0476-85-7930
※ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。
お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方は メールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る