高齢者の虐待・差別

代表ブログblog

2018/06/04 高齢者の虐待・差別

高齢者の虐待・差別
虐待というデリケートな研究テーマにおけるアプローチについてその問題点を指摘し、新たなアプローチから高齢者虐待の誘発要因を検討することは意義があろう。高齢者虐待の誘発要因について、家族による虐待と施設における虐待について研究がなされてきているが、施設における虐待の認識については、複数の目があり比較的透明性が高いと考えられている。介護負担は、介護生活に伴う色々な負担によって構成されるが、その一つに要介護者の心身の状態に結びついた介護そのものの負担がある。要介護者の身体状態では、「寝たきり」と虐待の関連が指摘され、要介護者の身体的自立度の低さは虐待の誘発要因と考えられたが、生活行動能力(ADL)が高い者も虐待されており、要介護者の身体状態と虐待との関係で結果に不一・致がみられた。これらの調査では、介護負担の測度として要介護度や要介護者のADLが用いられており、要介護者の心身の状態から介護者の負担を間接的に測っている。

「レポートの書き方」の有料サンプル



お問い合わせ

これまで日本全国・海外を含め100,000件以上のご依頼(卒論代行・レポート代行を含めた、あらゆる学術依頼)をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な作成を行い、成果を確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します!
※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!
卒論代行(論文代行)・レポート代行ならアイブックス学術代行!

0476-85-7930
※ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。
お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方は メールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る